2009年6月アーカイブ

★★★☆☆:しんきゃらたくさん

いつの間にか、ずいぶんとキャラ増えてきたなーっていうかこれ以上同居人が増えたら収拾つかないでしょどうすんの!?・・・と思ったら、まぁ、なんというか。ちょっとお約束適な展開になりました。ええーと思ったけど不覚にもちょっとしんみりとしてしまったので、これはこれでアリかなぁ。

で、またアリスさん出てきたー。思ったより早かったですな。でもこの巻ではあまりアリスさん動いてないですね。まぁ怪我してるししょうがないか。あとなんかこのはさんが巻を追うごとに黒くなってきてる。(笑) このままいくと呪いが元に戻っちゃうんじゃないかって勢いで。しかもシリアスシーン以外では、すっかりいじられキャラ定着しちゃってるし。あーあーかわいそうに。

今回は、キーになるキャラがおとなし過ぎる弱気キャラだったので、いまいち緊張感に欠けたような気がしましたねー。学校の全員を皆殺しにするような能力を持っててもねぇ。本当はそんな事したくないんですぅとか言ってオドオドしてるようじゃ、ああ結局その能力は使わないのね、とか思っちゃいますよ。ちょっと残念。まぁ、本当に皆殺しにされたら話終わっちゃいますが。(笑)

ところで・・・その・・・表紙の絵は、毎回、大変可愛らしくて良いと思うのですが、もうちょっとですね、電車の中で読むときのコトもですね、考慮して頂けると、助かると思うのですよ。ええ。ええ。ホントに。書店で買うならカバーかけてもらうところなんですけど、Amazonだとカバーとか無いんですよね・・・。

ムリ

| コメント(615) | トラックバック(0)

・・・てなわけで、今日受け取ってきたiPhoneで記事かけるかなーと試してみたんですが、ちょっとムリぽですねこりゃ。リッチテキストエディタは動きませんし・・・ていうか、フォーマットなしの生フォームで入力しないといけませんし、それすらも途中からバグって表示が滅茶苦茶でした。

まぁでも、携帯であれだけ動けば上出来な方なんでしょうか・・・。最近の携帯ってどんな感じなのか知らないんですが。

いやーしかしiPhone、使い辛いですね。今までの電話とあまりに違い過ぎて、何かをやりたいと思ったときにどう操作すればいいのか、全く勘が働きません。慣れの問題なのでしょうけど、慣れるまではストレスがかなーり溜まりそうです。

ちょっと・・・厳しいな、これは・・・。 リッチテキストエディタが使えないし。 緊急避難的には、なんとか使えないこともないかもしれない、って感じか、な? なんかエディタがおかしくなってるー。
タグ打つのツライ。

フットサル

| コメント(634) | トラックバック(0)

一昨日の土曜日、会社の人達とフットサルをやってきました。

futsal01.jpg

コートは2時間確保してあったのですが、僕は寝坊したため1時間以上遅れて到着。あー、1時間もプレイできないじゃん、つまんないなぁとか思ってたのですが。

参加2試合目の途中で足が攣って途中退場。い、いくら運動不足とはいえ、まさか15分もたないとは・・・がっくり、です。

てなわけで今現在もふくらはぎがイタイのですよ。週末までに治るかなぁ・・・。

聖なるかな

| コメント(648) | トラックバック(0)

C3-シーキューブ-に出てくる呪われた十字架のアビスさんが、その台詞でやたら「聖なるかな」を連発するうえに、なんだか使い方が不自然(「それは聖なるかな、だ」みたいな感じ)なもんだから、「聖なるかな」って言葉はどういう使い方するんだっけかな?と思ってぐぐってみたら、トップで出てきたのはエロゲでした。・・・っていうかナニコレ!?トップがっていうより、ほとんど全部がエロゲだよ!埋め尽くされてるよ!

聖なるかな、って、賛美歌かなんだかの言葉じゃなかったっけ・・・なぜよりによってこんな状況に・・・。(笑) ってまぁそれはどうでもいいんですが、こうなっちゃうと、探したい情報に近いものをより分けるだけでも大変になっちゃいますね。一体どうぐぐればいいのやら。「聖なるかな 用法」とかでぐぐったら少しはノイズも減りましたけど、やっぱりうまくいきません。Googleさんも、文脈を理解してくれるといいんですけどね。「聖なるかな エロゲ以外で!」みたいな。

文脈を理解して欲しいというのでいうと、ぐぐり辛いと評判のIoの情報を探す時なんかもそうですね。Input/Outputの情報が欲しいわけでも、木星の衛星が見たいわけでもなく、プログラミング言語Ioの情報が欲しい、っていうのに答えてくれるのは・・・まだ先の話なんでしょうかねぇ。

ちなみにIoの場合は、「Io 言語」または「Io language」で検索すると、大体期待した情報が返ってきます。何故かというと、Io使いの人達の間では、「ぐぐり辛いから、Ioの情報を発信するときはページの中にIo languageって入れておこうぜ!」というコンセンサスがあるからです。(笑) こういう、人に優しい草の根SEOっていうのも面白いですよね。

★★★★☆:いいかんじ

大勢の生き血を吸って呪われた拷問器具「箱形の恐禍フィア イン キューブ」と共に暮らす主人公の下に久しぶりに姿を見せた「黒絵」は、厄災を連れて帰ってきた・・・とゆーお話。

 やー、アリスさんのキャラがいいですねー。丁寧で、礼儀正しくて、物腰の柔らかい、あらあらうふふ系のお姉さんで、だけどどうしようもなく壊れてて・・・という。僕は1巻のピーヴィーさんの強烈なキャラが大好きだったんですが、こちらもなかなかのものです。

ストーリーの方は、かなり重めになるかと思ったら、そうでもなかったかなと。物足りない・・・と思わないでもないですが、確かに1巻の壮絶なお話は大変に良かったですが、あんなん毎回やられたら僕の胃がもたないので、これくらいで調度良いのだと思います。(笑) ほのぼの日常風景と、グロあるいは狂気の吹き荒れるシーンとの、バランスもよくできてるなぁと。

手元に6巻まであるので、このまま続けて読むますー。

処分

| コメント(572) | トラックバック(0)
この前のお人形さん、そのまま捨てちゃうのもナンなので、一応デスクの上に置いておいたのですが・・・なんか視線が気になるっていうか。
figure01.jpg
ふとした瞬間に目が合ってしまうたび、しばらくの間笑ってしまって仕事にならないので、結局、捨てることにしました。ああ、ごめんよー。さようなら~。

figure02.jpg < ・・・。

iPhone3G S 予約

| コメント(650) | トラックバック(0)
お昼休みに近くのSoftbankショップへ行ってきました。
説明とか色々と聞いてたので1時間くらいかかりましたけど、「あーあーわかってますよいいからとっとと3GS予約させてください」くらいのノリなら30分しないで終わってたかも。
んで、実機が来るのは発売日の6月26日以降、受け取り期限の6月30日以内、ということになりそうです。案外早いですね。でも期限が30日って。受け取れなかったらどうなるんだろ。

ところでMTの記事編集をするリッチテキストエディタって、ブラウザによって結果が違うんですねー・・・。Enterキーを押すと、IEだと<p>が生成されるのに対して、Chromeだと<div>が生成されるみたいです。Shiretokoでも<div>だったかな。Safariは・・・忘れた。Chromeのリッチテキストエディタは、Deleteキーを押すと二文字ごとに削除されたりとか、なんだか変なカンジです。

★★★☆☆:かわいい?

というわけで、6巻買いました。

えー、もう正直、5巻あたりの展開なんて覚えてないので、ジギタリスとか魔女のライブラリとかってなんだっけ?って感じなのですが、まぁそれでも普通に読めます。今回は、新章のスタートという感じで、割とおとなしめの展開ですねー。登場人物も少ないし、関係もこじれてないので読みやすいです。

ただちょっと気になるのは、作中で散々、ファイヤーフォックスのことを可愛い可愛いと言ってるのに、肝心の挿絵の方のファイヤーフォックスが全然可愛くないんですよ。(笑) もうちょっとなんとかして欲しかったところ。

まぁとりあえず、アニメ見る前にこの世界の感じを思い出せたのは良かったかなーと思います。アニメはどうなりますかねー。トレーラ見る限りでは、音楽が少々残念な感じでしたけど。

★★★☆☆:なつかしい

落ちこぼれな女の子は魔法使いとしても落ちこぼれだった、というお話。(←ひどい) ・・・の、漫画版。

なんか超懐かしい話を本屋さんで見つけたので買ってみました。筋繊維中の微弱電流を制御することで異世界の法則をこちらの世界に引き出してきた古来の魔法使い(古典魔法)に対して、現代の魔法使い達は電子回路中の電流をプログラムで巧妙に編み上げることで魔法を行使する(現代魔法)というのが、よくわかる現代魔法の世界です。

というわけで、プログラマ的には親しんだ用語がちらほらと出てくるあたりがちょっとした親近感というか、まぁ続きを読んでみようかなと思わせるというか、話自体はそんなに大したもんでもないんですけどね。(笑) 文中にいきなりHaskellのコードとか出てきますが特に意味無いですし。

しかしそれにしても懐かしいです。これって原作は・・・2003年!? なのに、今更のようにアニメ化とかって話もありますし、一体全体どうしたんでしょねこりゃ。・・・ってAmazonに行ったら、新刊が出てる!?! はー、そうですか再始動したんですか、こりゃ買っとかなきゃなー。

| コメント(669) | トラックバック(0)

ピンヒールを道路脇のグレーチングに刺してしまって抜けなくなる女性をリアルで初めて見た。3分くらいかかって苦労して抜いてた。お洒落は戦いだね。

今朝も、怖い人達に追いかけられる夢を見た。でも覚えてる限りでは始めてのハッピーエンドだった。なんだろ。少しは前向きな意識もあるってことなんだろか。

サーブラウ帰ってきた。エンジン停止の原因はオルタではなくて、メインヒューズの疲労破断だった。なんだよもー。ついでにコンピュータの調整もしてもらって、低回転の運転し辛さが消えたので大満足。

相変わらず、心臓とお腹の調子が悪い・・・。

おお、特にタイトル入れなくてもエントリ書けるんだ? ほほー。

★★☆☆☆:どうにゅう

魔術学院に編入してきた主人公は、入学早々、将来魔王になるであろうと予言されてしまって困惑、しかし色々な誤解と不注意から、本当に魔王としての地位を不本意ながら固めていってしまう・・・というお話。

なんか、んー、一巻はほとんど、キャラと世界観の紹介で終わってしまったような? 人造人間のころねさんのキャラはややウケ。しかししっぽ引っ張ると止まる人造人間て・・・人造人間じゃないの?(笑) けーなさんの性格はつかみどころがなくて、慣れるまではちょっと辛いかも。でもたまに良いコト言う。「ああ、みんなが一緒にご飯を食べられれば世界は平和になるのに」とか。その通りだね!あー、ゴハン食べたくなってきた。

てか、どーなんだろうコレ、続き読もうか読むまいか、ちょうど閾値のあたりに位置する感じで、迷ってしまいます・・・。うーむむむ。

★★★☆☆:むせきにんでいいじゃない
ある日届いた不思議なメールに適当な返事をしたら、ギャルゲーのキャラや設定やストーリーが現実世界に本当に反映されちゃってさぁ大変、てな話の第二巻。
ギェルゲヱの世界ようこそ!じゃなくて、ギャルゲヱの世界、ようこそ!なのがポイントですね。ゲームの世界に入っちゃったとかゆーありがちな話じゃなく、ゲームの方が現実に呼び出されるとどうなるのか、という。(答え→ゲームのキャラって作られ過ぎてて現実的にはすっげウザイよね!)
1巻、2巻ともに、ギャルゲーのキャラを呼び出した主人公は可愛い女の子に囲まれてしかもなぜか皆に想われててウッハー的な状況から始まるんですが、やがてゲームと同じようにストーリーが進行し始めて、ヒロイン達が大怪我するわ鬱になるわ病死しそうになるわと色々大変な事が起こるので、あんましほのぼのできないお話ですな。2巻では主人公とは別の人が、別のゲームを現実世界に持ってきちゃうんですが、これがまた前世の記憶を取り戻すための生贄を求めて凶行に走るキャラがいたりして・・・というか何故お前らはそういうハードなストーリーのゲームを現実化しますか。(笑) もっと能天気に笑えるやつにすればいいのに。
単に女の子に囲まれてる生活ってだけじゃない、ゲームシナリオに必ず出てくる難局を、自分なりに解決しようと主人公が四苦八苦するあたりが面白いんですが、ちょっと主人公、責任とかって言葉に縛られ過ぎかなぁ・・・という気も。

名古屋

| コメント(558) | トラックバック(0)
今、名古屋に来てます。眠い。
銀行でお金をおろすのを忘れてたので、手持ちがなくて不安な感じです。名古屋で使えるプリカを持ってないので、現金がないと電車にも乗れないんですよ。切符を買うとか超お久しぶり。
もう何回も来てるのに今日初めて気付きましたが、東山線ってなんか線路の幅が広くないですか。って調べてみたら標準軌だった。へー。第三軌条方式の地下鉄って、標準軌が多いんですかね。どっかの国から輸入した規格をそのまま使ってるのかな。
東山線の名古屋駅は、電車を待ってる人達がホームと並行にならびます。他で見ない光景なので面白いです。しかも朝のラッシュ時でも、ある程度人が乗るとすぐ列の動きが止まって、次の電車を待つんですね。大体2分間隔くらいで電車来るから、急がなくてもいいのかな。でも関東だったら、2分間隔だとしても、もっとぎゅうぎゅうになるまで電車に乗り込もうとしますよね。名古屋の人はのんびりしてるのかなー。関東の人に余裕が無いだけかも。

今はソフトのインストール作業待ちです。眠いです・・・。

★★★☆☆:おちがざんねん

いつも変な着ぐるみをかぶってる探偵に助手として指名された主人公が、連続猟奇殺人を引き起こす犯人を追い詰めていくお話。

可愛らしい絵とは裏腹に、えらい血生臭いお話でした。(笑) 変なタイトルですが、別に「~~タンはぁはぁ」とかのタンではなく、主人公と組むことになるきぐるまーな女の子が探偵だというだけみたいです。喰いタンみたいなもんか。

この着ぐるみ探偵、あれこれ種類を変えて登場したり、いつもクールなのに時々おかしな言動があったりと、キャラとしてはなかなか面白いんですが・・・やっぱり変な着ぐるみなわけで、なんというかどこに萌えればいいのか分かりません。この変なズレっぷりを楽しめば良いんでしょかね。うはーきぐタン萌えー。

で、中盤過ぎくらいまでは、正体の分からない敵との攻防になかなかの緊張感があって良かったんですが、決着はかなりのあっさり風味でした。えー主人公働いてないじゃんー?みたいな。そこんとこちょっと残念。

続巻・・・あるのかなぁ。これで終わりというにはあまりに中途半端なんですが、このうえ人死にが続くと、まわりに誰もいなくなりそうな・・・。

★★★☆☆:きちんとしてる

キャラクタが死ぬと操作している自分も本当に死んでしまうというネットダイブMMORPGに巻き込まれた人達が、唯一の脱出条件「アインクラッド第100層までの完全攻略」を目指して死のゲームを戦い続けるお話。

大きなヘルメット型の脳インターフェースを介してネット越しに操作や視覚のやり取りをするあたりは近未来SFなんですが、実際のお話の大半はゲームの舞台アインクラッドの中で展開されるので、ファンタジーものですかね。剣と魔法の世界ではなく、魔法の無い剣だけの世界です。

僕はネトゲは Diablo II くらいしかやったことないんですが、キャラが死んだら本当に自分も殺されるなんてコトになったら、街から一歩も出られませんよ。怖過ぎですよ。レベル稼ぎしてる途中でも、一歩間違えれば大量の敵に押しつぶされて簡単に死ねますし。しかもソードアートオンラインのトラップは凶悪です。ボスステージで回復アイテム不可とかありえん。開発者出て来い!

という理不尽なゲームを、しかし自分達の力でクリアしないと生きてログアウトできない(外部の人の救助も遮断されてしまう)という状況に追い込まれたプレイヤー達の戦い、生活、意識の変化なんかがよく書き込まれてて、しかも読みやすいのが良いですね。現時点で、Amazonのレビューが17人中17人とも星5つと、どえりゃー評価高いです。正直、僕はそこまで高評価ではないんですが、でも確かに面白かった。

・・・んで、タイトルに 1 ってあるのが気になるんですが・・・これ続くんですか。そうですか。巻末情報によると、2巻は今秋発売予定でタイトルは「ソードアート・オンライン 2 アインクラッド」・・・って、またアインクラッドなの???

★★★☆☆:ナラー

各地の王国から集まる王族たち(王国民)と共和国のエリートたち(本地民)が一緒になって教育を受ける第八高等学校を舞台にした学園ファンタジーもの・・・これファンタジーですか?むしろ電波?

しかしなんちゅう題名でしょう。この後、耳刈ネルリ中間考査合格万歳万歳万々歳、耳刈ネルリ期末考査合格万歳万歳万々歳、耳刈ネルリ御進級万歳万歳万々歳・・・でもって最後に、耳刈ネルリ退学御卒業万歳万歳万々歳、とでも続けるつもりでしょうかね。・・・と思ったら、次巻は「耳刈ネルリと奪われた七人の花婿」だそうです。普通になっちゃった。(いや、やっぱちょっと変か・・・)

 異文化の衝突ってのがこの本の一つのテーマなんでしょうけど、常識、考え方、習慣・・・色んなものが普通にかみ合わない、そんな様子をコミカルに描いてるのがいいですね。いやそれにしても世界観というか、王国の文化、価値観なんかがよく作り込まれてて感心します。本当に、そういう国がそこにあるかのように感じられる・・・って点ではファンタジーなんですが。しかし、かなりピンクがかった脳内の電波がだだ漏れな主人公のネタまみれな一人語りが、この世界に入り込むのを思いっきり邪魔します。(笑) もーなんなのこれー。いいぞもっとやれ。

でまぁ、世界観はとても面白かったんですが、お話としては・・・ちょっとこじんまりとまとまっちゃったかな?って感じで。ちょっとした事件が起きるんですが、なんかあっさりと(本人達にはそうでもないんでしょうが)解決しちゃったし、唐突に殺されそうになって、でもそっちもあっさりと(本人達には(略))回避しちゃいましたし。

なんか最後いきなりネルリさんと主人公が仲良くなっちゃったりしてますが、イ=ウさんのことどうすんですかね。主人公の行動が唐突過ぎてさっぱり分かりません。(笑) とりあえず次巻に注目・・・。

☆☆☆☆☆:これはひどい

付録のキーホルダーがあまりにも強烈だったので、思わず買ってしまいました。

Himari01.jpg

な ん だ こ れ 。(笑)

元ネタはこの漫画なんですが、えー、なんといいますか、どう見ても大川ぶくぶさんの絵を忠実に再現したとしか思えません。この三次元化にOKを出した担当者の勇気に乾杯! フィギュアとかあんま知らないのでこういう例が他にあるのかよく分かりませんが、個人的には、伝説の邪神モッコス以来の面白さでした。

・・・んで、ひとしきり笑ったので片付けたいんですが、これ捨てても大丈夫ですよね?呪われませんよね?どうしよう・・・。

 

あとドラゴンエイジ、ページ数多過ぎですね。なに千百ページ超って。読めませんよ。人殺せますよ。重過ぎてエイジ肘が発症しますよ。

屋形船

| コメント(619) | トラックバック(0)

★☆☆☆☆:きゅうくつ

金曜の夜は、会社の人達と屋形船でもんじゃ焼きに行ってきました。web各所のレビューを見ると、あまり美味しくないだの二度行くことはないだのとあまりよろしくない評判が目立ちますけど、まぁ話のネタとしては一回行ってみるのも悪くなかろうと。

monja01.jpg

出航は19:30、帰航は2時間後の21:30です。20:30出航の便まであるので、仕事帰りにも行きやすくて良いですね。出航後は、レインボーブリッジをくぐってお台場のフジテレビ前で停止、しばらくしたら帰る、みたいな感じです。なかなか見られない角度の風景も見れて、途中の眺めも綺麗です。

monja02.jpg

monja03.jpg 

 綺麗なのです、が・・・。

出てから帰るまでが2時間とはいっても、もんじゃ焼きのプレートに火が入れられるのが出発から10分後くらい、そして帰る40分前にはプレートの火は止められてしまうので、もんじゃ焼き出来るのは70分くらいしかありません。一応飲み放題食べ放題なのですが、時間があまりにも短すぎてほとんど意味ありません。その短い時間で飲め!食え!って感じなので、外を見てる余裕なんかありゃしません。船上は戦場なんですよ。(←kiokuさん発言)

 あとテーブルが狭い!

monja04.jpg

このサイズのテーブルに、4人ずつ座ります。このテーブルが隣同士並んでますし、船は満員だしで余裕がありません。時間が足りないことも合わさって、全然くつろげません。

というわけで・・・まぁ、評判通り、一回行っとけば十分かな。という感じな屋形船でした。あ、もんじゃの味は、思ったより悪くなかったです。別に良かったわけでもありませんが。(笑)

24時頃に出航して4時間ほどのコースもあるらしいので、もし次行くとしたらそっちですかねー。でも時間に余裕があるとしても、今回のコースと同じくらい混雑してるんだったら4時間なんて苦痛でしかないなぁ・・・。

★★☆☆☆:あきてきた

もうなんか惰性で読んでるだけですこのシリーズ。(笑)

最初はまぁ~、初々しい!とか甘酸っぱい!とかもあったような気がしたんですけどね。巻を重ねても、だらしないままの主人公と、勇気が出ないとか言ってるだけのヒロインで、関係が1ミリも進展してません。女性キャラ増えてむしろ後退した感さえあります。二人の成長のしなさっぷりに驚かされますよ。特に主人公・・・ことあるごとに、大っきな胸を押し当てられてドキドキ!とか言ってる場合じゃないでしょホントに。もう10巻ですよアナタ。そろそろ、新しい展開が欲しいトコロです・・・。

髪切った

| コメント(627) | トラックバック(0)
すっきり。

ところで、なんかここ数日、心臓の動きに違和感があるんですが。特に今日は頻繁に。
なんかイヤな感じです。むうー。

★★☆☆☆:ふつう

うーん・・・どうなんでしょう、これ。

何度やりなおしても必ず最後には死んでしまうおせっかいな最弱ヒーローを救うために、姿の見えない「彼ら」と戦い続ける学園ループもの・・・という設定の前作から一転、今作は予想のできない設定とか無い、驚くような展開も無い、ホントになんの変哲も無い、ただの学園もの短編4つになってしまいました。

 まぁそれぞれのキャラの性格は好きですし、前作でほとんど出演した意味が無かったキャラのフォローがされているのは良かったんですが・・・2巻にして早くも、サイドストーリー?最近の流行りでいえばスピンアウト?みたいな感じでした。次からはまた変な学園ものに戻ってくれるんでしょうかねぇ。だといいんですが。

★★★☆☆:なかなか

主人公が迷い込んだ旅館の女将は和風魔女で、サイコな後輩と猫又とダルダルな神様に囲まれて血みどろな生活になるお話。

結構前に第2話だけ読んだことがあって、なんとなく気になってたのですが、本屋さんでたまたま見掛けたので買ってみました。

・・・こんな話だったのか。乙女さん怖えぇー。九重さん可愛いよ九重さん。そして主人公はクズだった。(笑) あれ主人公は紅さんの方か?まぁいいか。この人、絵上手いなぁー。線は多めなのに全然うるさくなくて丁寧で、好みな感じです。

1巻だと、紅さんがなんでそんなに結婚に反対するのかとか、なんで旅館が潰れたくらいでそんなヤケになるのかとか、いまいち分かんないんですが・・・そのうち説明、されるんでしょかね。あと、タイトルが才媛とかって割には全然その才媛っぷりが伝わってこないんですが。(笑) その辺もおいおい・・・ですかね。

最後の第5話で乙女さんのバーサーク化フラグが立ったような気がして続きが気になるんですが、次はまた1年以上先になるんですかねー。どうも連載してる雑誌は季刊らしいので。

★★★★☆:おもしろい

「こんばんは。いつもニコニコあなたの隣に這い寄る混沌、ニャルラトホテプです」

んー、なんて素敵なキャッチフレーズ。クトゥルー神話の邪神ニャルラトホテプですが、えらく可愛くなってラノベに登場しました。つっても名前聞いたことがあるだけで、クトゥルー神話とか全然知らないんですけどね僕。もしこれ読むなら、ちょっとくらいはクトゥルー神話の予備知識があった方が楽しめるかもしれません。いや、そうでもないかな・・・。

基本は、主人公の八坂真尋くんとヒロイン(?)ニャルラトホテプの二人で繰り広げる漫才が9割くらいを占めてます。ラブコメかと思ってたら、ラブ成分がちっとも入ってませんでした。(笑) ニャル子さんがひたすらボケて、真尋くんが容赦無く突っ込む(具体的には、フォークで刺す)。流血してもボケるのをやめないニャル子さんの芸人魂がいいですね。(芸人の解釈を間違えている可能性があります)

あ、そうだ、このラノベには暴力シーンやグロテスクな表現が含まれています。しかもラストに向けてどんどん黒くなっていきます。二人とも。黒くなり過ぎて、最後は爽やかに終わりました。なんだこれ。(笑)

会話のテンポもいいし、あれこれ小ネタもあるしで、僕はとても楽しく読めました。万人にオススメできるようなモノじゃありませんが(ってラノベみんなそうか)、何も考えないで読めるドタバタものが好きな人なら、気に入ってもらえるんじゃないでしょうかね。続刊にも期待してます。

CAFE EURO

| コメント(473) | トラックバック(0)

試験の後、家に帰る前に、昨日ぶっ壊れたPCを直すためのパーツを買いに、秋葉に行ってきました。

途中、CAFE EUROとゆーお店でクレープ食べたんですが、ここのクレープは安いし美味しいし、クリームの増量(+70円)もできるので、とてもお勧めです。

crape01.jpg

今回は、増量x2で注文してみました。・・・つまり通常の3倍の生クリームがのっかっております。(笑) やはー!たっぷり満足!うまーっ。

次回は増量x3でいってみようと思います。

筆記試験終了

| コメント(769) | トラックバック(0)

第二種電気工事士の筆記試験に行ってきました。この資格を持っていると、製粉工場で火花を散らして粉塵爆発を起こしたり、ドアノブに触れると感電するトラップを作ったり、といった事ができるようになります。

もともと、別にそんなに欲しい資格ってわけでもなかったんですが、会社のSさんが取りに行くというので、そんなら僕もって感じで行ってみました。そんなわけでモチベーションも低くて、大して勉強もできなかった(というか、しなかった)のですが・・・まぁ多分受かったかな、と思います。これで落ちてたらカッコ悪いですが。(笑) あとは技能試験です。二ヵ月後くらいにあります。間隔開き過ぎ。てか丁度その頃、某お仕事の追い込みの時期と重なるような・・・。うう、嫌な予感。

ま、とにかく、これでやっとまたラノベ読みに戻ることができます。ここ数日、試験対策のテキストばっか読んでてストレス溜まってたんですよ。ふー。

人身事故

| コメント(625) | トラックバック(0)

遅めに会社を出たとはいえ、その日のうちに帰ってこれるはずだったのに・・・。帰りの電車が、人身事故の運行停止に巻き込まれて動かなくなってしまい、二時間くらい遅れてやっと家に着きました。はーやれやれ。事故の起きた時間と場所からすると、どうも僕が乗ってた列車の、一つ前を走ってた列車が事故ったっぽいですよ。あぶねー。

運転再開まで暇だったので、事故現場の駅まで歩いてから電車に乗って帰ったのですが、駅のホームのところどころから、喉の奥にウッとくるような強い鉄の匂いがしてたのは、雨に濡れた線路から立ち昇る匂いだったのか、思い込みから来る気のせいだったのか、それとも・・・。

かがみん

| コメント(219) | トラックバック(0)

先日、某社に転職されたJさんに、前から欲しがってたコンプティーク4月号付録のこなたヴィネットを差し上げたら、予想外に喜ばれてました。わざわざバックナンバー取り寄せた甲斐があったというものですよ。良かった良かった。そん時についでに一緒に買ったコンプエース5月号付録のかがみヴィネットは、とりあえず行く当てもないので会社の机に置いておくことにしました。

Kagami01.jpg 

しかし・・・近頃は雑誌の付録によくこーゆーの付いてきますけど、たかだか数百円の雑誌に、こんな凝ったのを作って、よく採算取れますよね。いつも感心してます。特にこのフィギュアは、ピンクの座布団に、頭の後ろに回した手のへこみまでちゃんと彫ってあるんですよ。一体どーやって作ってるんですかコレ。

Kagami02.jpg

これがまた、きちっとピッタリはまるんですよね。凄いなあぁぁ・・・。一度、こういうのの原型を作ってる職人さんの作業を見てみたいものです。きっと面白いんでしょうね~。

★☆☆☆☆:いまいち

うーん・・・なんか・・・微妙、でした。

主人公二人のうち、祭華さんの方はともかくとして、城介くんはキャラが弱過ぎるような。読んでてなかなかスッキリしないんですよねー。台詞とか、描写とか、あとテンポ?が、なんとなくラノベっぽくないというか、こなれてないっていうか、ぶっちゃけていうと素人っぽいような気もしました。ぱんつぁーっていうからー。ちょっとは戦車の話とか出てくるかと(勝手に)期待したのにー。最初っから最後まで、パンツパンツって連呼して終わっちゃってるしー。

どう考えても続巻があるような引きでしたけど、続きは多分買わないです。せっかく、パンツが穿けないとか変な設定があるのに、もうちょっとなんとか面白く活かせなかったものかなと。もったいないな。どうでもいいですけど、「穿く」って文字を見ると、どうしても「穿つ」って文字が思い浮かあれ!?同じじゃん!! ・・・初めて知りました。同じ字だったのか・・・。

今日はTC1000で走り放題の走行会です。

いつもミーティングに遅刻してるので、今日こそはと思って04:30に起床、余裕をもって筑波にやってきたのですが・・・途中のコンビニで休憩した後、エンジンをかけようとしてもかからない。バッテリが弱ってる?? その場は、一緒にいた別の車からジャンプして電気もらって始動したのですが、TC1000に向かう途中の信号待ちでやっぱりエンジンストップ。どうも、オルタネータが逝ってるっぽい・・・。なんてこったー。

Cerbera01.jpg

幸い近くに自動車工場があったので、とりあえずそこに置いておいてもらって、後日ディーラーに引取りに来てもらうことにしました。あーあ、サーキットにさえたどり着けないでリタイアだなんて。

結局、そのまま帰宅・・・というわけではなく、一緒に来てたSさんの車を借りて出走しました。まぁ、今までほとんど毎回借りてたので、いつも通りといえばいつも通りです。(笑)

MR2_01.jpg

今回、この車はテールハッピーな性格をなんとかしようと、リアにSタイヤ(A048)を装着してきたのですが、狙い通りお尻の挙動がかなり落ち着きました。ブレーキしながらコーナーに進入してもむやみに尻を振り出さないし、滑り始めても簡単に抑えることができます。乗りやすい!とてもいい感じになりました。ちなみにフロントは、ヤフオクで買った中古のピレリP-ZEROを履いてます。 2本で100円でした。(笑)

しかしタイムは思ったほど伸びず・・・44秒台後半でした。前に履いてたしょぼいタイヤでも44秒切ってたのに、なんでSタイヤで44秒切れないの!?!?って感じなんですが、まぁ、その、修行が足りないのですね、きっと・・・。

あと途中、リアのトーインいじったらどうなるの?ってのを試してみました。最初は、トーコントロールアームのネジ1回転半分トーインに設定。超極端です。普通に見ただけで、リアタイヤが変な方に向いてるのが分かるほどです。で走った結果、これはダメ! 明らかに走行抵抗が増えて加速が鈍るわ、ブレーキングでリアが蛇行するわ、スライドとグリップを繰り返す振動が出るわ、限界が上がる訳でも無いわと、いいコト無しです。逆にネジ半回転分ほどトーアウトに振ってみた場合、これは好印象でした。限界はちょっと下がる感がありますが、滑り出しが穏やかになってコントロールしやすいです。しばらくの間、これで走ってみようということになりました。

というわけで、サーブラウは止まっちゃうし記録はさえないしと、個人的にはちょっと残念な走行会でしたが、でも楽しかったです。やっぱMR2は運転しやすいし信頼性も高いし、いい車ですねー。

今日から、会社の勤怠管理システムが新しくなりました。使う側にとっちゃ、利点より面倒の方が多いweb申告システムで、まったくもってウザイことこの上ないのですが。
しかしその新しいシステム、どうも不具合が多いような感じです。本稼動に入る前の数日間、トライアル期間が設定されていて「色々な操作を試してみてください」との通知が出てたので、そりゃもう色々と試してみました。・・・結果、とある操作をするとStratsの例外が飛んでスタックトレースを吐くとか、とあるフォームにとあるテキストを書き込んで送信するとサーバが応答停止するとか、まぁ色々と弱そうなポインツを見つけたわけですが、本運用ではもちろんそんなことしませんよ。ええ、しませんとも。多分。しかし、webアプリってこんなんで良いんですかね。社内で使うだけだから良いのかな。
しかし自分の身を振り返ってみると、普段セキュリティを十分に考慮したプログラミングをしてるとは全く言い難く・・・誰にどんな操作をされるか分からないアプリを組むのって、神経が磨り減りそうでイヤだなぁ・・・と。そういう意味でも、きちんとセキュリティを考えてる世の中のwebアプリってホントスゴイな~って思っちゃいます。
ちなみに件のシステム、サーバ応答停止はさすがに対策されてました。でも例外が飛ぶのはそのまんま。他にサーバ応答を30秒程度停止させる方法とか、セッションを混乱させて他人の申告を覗き見る方法とかもあったような気がしますが、気のせいということにして黙っておくことにします~。

なんか

| コメント(472) | トラックバック(0)

さっきの記事で画像を2個上げたら、右のカラムまで蛇の画像が出ちゃって、微妙に蛇だらけの気持ち悪いサイトになった気がします。(笑) この辺、まだ挙動が予測つかないんですよねー。なにこの「アイテム」って。

あと、蛇とか苦手な人はゴメンナサイ。でもこの先もとりあえずそーゆー人達のことは考えないでいこうと思いますゴメンナサイ。

2015年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お気に入りリンク

このアーカイブについて

このページには、2009年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年5月です。

次のアーカイブは2009年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。